カワイイのに女房もいない39年代

目下39歳になるマミーの友達が昨日の夜、わが家にレジャーに来た。あしたで39歳になるのに、彼女もいない、嫁入りもできない、恋がしたいと、切々とマミーに語りかけていた。
彼女は体裁もいいし、意識が可愛く色々な題について行けるし、お笑いもあるのだが、なんだかダディーラッキーに恵まれず、こういう歳まで独身のとおりだった。
二度と引っ込み思案で、何でもかんでも白馬に乗った王子さんを待っているのではなく、これはと思ったあちらが発生すれば積極的に働き掛けているのだが、何故か賢く行かない。彼女は好きになると盲目的になり、他の産物集大成を捨てても突進して行く人なのが、あちらにとって凄まじい圧力になってしまうのだろうか?
彼女はまったく生真面目で、甚だしく集中するタイプだから、恋の駆け引きがヘタなのだろうかとも思う。ジャンジャンあちらを追いつめてしまう人なのかも。追いかけて、忽ち踵を翻しちょい逃げて見たり、といったワザを身に付けると良いのかもしれない。
彼女の持っている、お笑いや、賢さ、楽しみをさりげなく相手に強調出来れば、必ず上手く行くと思う。今度レジャーに来たまま、その事を彼女に伝えてあげよう。若い頃の盛った男女ならともかく、ある程度の歳を経たダディーのこと、彼女のそういったポイントは誠に好ムードを強めると思う。胸ニキビは病院に行かなくても治せます

手作りうどんに挑戦!

今日は久々の雨で、なんだか朝から肌寒い感じ。いつもは庭に出で元気に遊びまわっている猫も、今日はずっと私の膝に乗って丸くなって寝ています。

こんな風に寒い日には、鍋焼きうどんなどの体があったまるものが食べたくなりますよね。

せっかくなので、お家で手打ちできないかな?と思い立ち、クックパッドで調べてみたら、結構たくさんのレシピがありました。

簡単そうなものを選んで、さっそくお料理開始!材料は小麦粉とぬるま湯と塩。たったこれだけでおいしいうどんができるなんて驚きです。stockfoto_43798865_XS

なんだもこねたり、袋に入れて足で踏んだりしました。うどん入り豚汁にしたかったので、具沢山の豚汁も作り、そこに手打ちうどんも投入しました。

グツグツ煮込んだら、うどんが少しふやけて、汁がトロッとしてきてますます美味しそうになりました。
初めての手打ちうどんは、意外にも簡単にすごく美味しくできて、家族も気に入ってくれたみたいです。

これからは、我が家の定番メニューになりそう!